先回りと最適化の予想

嫌いなもののひとつに「知ってたらできたし当然やっていたであろうこと」を後出しで追加指示される、ということが挙げられる。

後出しが好きという人はいないと思うが、人それぞれ理由は違っているはず。私の場合は自分の頭で考えられたはずの事案に対する機会の損失みたいなのが嫌いなんだと思う。そこは以前書いた「俯瞰することによるインスピレーション」の内容とも関係してくる。

逆に言うと、これだけ先回りの材料が揃っていたにも関わらず、なんで先回りしなかったの? 最適化せずに置いておいたの? みたいに思わされるシチュエーションも嫌いだ。特に仕事においては重視したいことなので、そういう場面を見かけたら都度注意するようにもしている。

小湊鉄道

とはいえ、いつも先回りできるわけじゃないし、最適化がうまくいくわけじゃない。むしろ難しい点が多いからこそ、仕事って楽しいしエキサイティングだなと感じる部分も大きい。しかし、いろいろなことを後出しされると、できて当たり前のパフォーマンスに届かずに終わることが懸念される。最適化以前の問題で、ベースラインに届かないリスクが高まるのだ。

だから先回りとか最適化の予想ができるための材料として、できるだけたくさんのインプットがほしい。それがあってこそ、経験値が活きてくる。

インスピレーションを楽しめる仕事の進め方ができたら最高。いつもそんなふうに楽しめるといいな。要は自分にとって快適な状況で楽しんでいたいのである。つまらない結論だけど、大事な結論。

関連してるかもしれないさそるの過去エントリ

当サイト『蠍は留守です』はIE6のCSS対応を廃止しました。
新しいバージョンのブラウザでご覧下さい。

古いブラウザのままご覧になる場合には、ここをクリックしてCSSを切った状態でご覧下さい。